スパンのロゴマーク。トップページへ移動

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク SPAN

ここから本文

活動予定

タブレットサロン「iPhone・iPad」(3月18日)のご案内

3月18日(水)にタブレットサロンを開催します。
このサロンは、スマートフォンやタブレットの体験会であり、情報交換会です。
まだ持っていないが興味がある方には、SPANが準備するiPhoneやiPadで操作体験して頂けます。
また、持っているが十分に使いこなせていない方は、活用している方との交流で、使いこなすためのノウハウ、アプリなどの情報を得ることができます。

どうぞ、たくさんの方のご参加をお待ちしています。

★ 2020年度開催日
3月18日(水)、4月15日(水)、5月20日(水)、6月17日(水)、7月15日(水)、8月19日(水)、9月16日(水)、10月21日(水)、11月18日(水)、12月16日(水)

開催日時 3月18日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 8名
参加費 無料
お申込先 office(@)span.jp
お名前、電話番号をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

上記のほか、個人対象講座を実施しています。
これは、特定のアプリをマスターしたい方のための、有料で予約制の個人レッスンです。

  • 1. 開催日: 随時受付(予約制)
  • 2. 場所: SPAN☆三田スカイプラザ
  • 3. 講習方式: マンツウマン
  • 4. 受講料(9時~18時): 1時間2,300円
        (18時~21時): 1時間3,000円 いずれも2時間以上でお受けします。
  • お問合せ・お申し込み先: office(@)span.jp
    ★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。

第126回インストラクター養成講座(3月15日)のご案内

★ 次回開催日を3月8日(日)とお伝えしていましたが、3月15日(日)の誤りでした。
ご迷惑をおかけしてしまい、申し訳ありませんでした。

3月15日(日)にインストラクター養成講座を開催します。
この講座は、SPANなどの団体で、あるいは個人として視覚障害者のパソコンサポートをしたいと考えている方、また視覚障害者のパソコンサポートに関心のある方を対象にしています。
特別なスキルは必要ありません。Windowsパソコンでメールの送受信やWebの閲覧などができる方ならばどなたでも受講できます。
どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。
この講座はお申込みが3名以上の場合に開催しますが、すでに3名を超える方からのお申込みをいただいていますので、予定通り開催します。

日時 3月15日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 6名
お申込み期限 3月11日(水)
講師 上田 喬子(SPAN)
受講料 4,000円(テキスト代を含む)当日会場でお支払いください。
お申込先 office(@)span.jp
件名に「インストラクター養成講座参加希望」とお書きのうえ、お名前、電話番号をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示したうえでカッコを付けています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正したうえで、カッこを削除していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

  • ★講座カリキュラム
  •  実習用PCのOSは、Windows10です。
  •  使用するスクリーンリーダは原則としてPC-Talkerです。
  • ・視覚障害者の基礎知識
     基本データ、接し方、誘導法、ICT環境 等
  • ・視覚障害者向けソフトウエアについて
     スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)、視覚障害者用ソフトウェア、一般ソフトウェアへの対応 等
  • ・講座を始める前に
     インストラクターとしての留意点、アクセシビリティ設定、スクリーンリーダーの設定 等
  • ・キーボードと音声によるWindows操作と文字入力
     Windows 10の操作、タッチタイピング、文字入力 等
  • ・キーボードと音声によるメールの送受信
     MMメール2を使用
  • ・キーボードと音声によるWebの閲覧
     IEのほか、サーチエイド、VoicePopperなどの音声対応ブラウザを使用
  • ・アイマスクをつけての操作と指導体験

インストラクター養成講座についての詳細は、インストラクター養成講座についてをご覧ください。


ページの一番上へ戻る

最近の活動記録

川畠成道ニューイヤーコンサート参加(1月25日)

実施日 1月25日(土)
時間 13:00~16:10
  コンサート 13:30~16:00
  デモ 13:00~13:30、休憩時間 20分、終演後 10分
会場 紀尾井ホール
聴衆 約800名
SPANブース来訪者 約20名
スタッフ 6名(日本ユニシスグループ社員ボランティア 1名、家族 1名、SPANスタッフ4名)
  • ■ 内容
  • ・iPhone、iPadによるプログラム読み上げデモ

第125回インストラクター養成講座(1月12日)

日時 2020年1月12日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 8名(受講者 6名、スタッフ 2名)
  • ■ 受講者の感想
  • ・キーボードの配列を知っていても目隠しをすると入力が大変でした。これがキー配列すら知らない状態だと入力するのは一苦労するだろうなと感じました。IEの必要性・活用場面をあまりできていなかったが、スクリーンリーダーを利用した際には有用かもしれないと感じました。
  • ・読み上げソフトの性能が高いことに驚きました。実際に使ってみるととても難しい事も実感しました。できたら便利な情報をまとめたポータルサイトが作れたらと思いました。
  • ・本日は貴重な体験をありがとうございました。中途視覚障害の方に接する機会が多い中、PCのニーズは増加しているように思い、今回自分でも体験することでできてよかったです。一度ではなかなか難しかったです。
  • ・普段はマイシリーズとNetReaderを使って教えているので、MyMailやVicePopperなど新しいソフトに触れることができて新鮮でした。また、視覚障がい者がPCを独学で学ぶのは難しいので、SPANさんの様な団体がもっと知られたら良いなと思いました。
  • ・ショートカットキーを覚えるのが大変でした。毎日の練習が必要だと思いました。音声ソフトの世界が奥深いので今後も勉強したいです。
  • ・今日は授業を通して視力障がい者の方々が普段使っているソフトウェアについて深く知ることができてとても満足しています。とくにショートカットキーを使って操作することに慣れていなくて焦ってマウスを使いたい時もありました。今後も是非視力障がい者支援に関する活動に携わっていきたいと思います。

タブレットサロン「iPhone・iPad」(1月15日)

日時 1月15日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 7名(スタッフ:4名、見学者:0名、受講者:3名)

タブレットサロン in 鹿児島(1月15日)

実施日 1月15日(水)
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 4名
  • ■ 内容
  • ・アプリ削除の方法
  • ・アプリ名 ClipOCR の操作
  • ・メールの変更方法
  • ・文字入力

忘年会(12月14日)

楽しいひとときを過ごしました。

実施日 12月14日(土)
時間 12:00~14:00
場所 肉バル×ワイン酒場 肉87 田町
参加者 21名
  • ■ 内容
  • ・参加者からひと言
  • ・料理と飲み物を味わいながらの歓談

在職者訓練(9月11日から12月10日の12日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

実施日 9月11日(水)・17日(火)、10月1日(火)・8日(火)・15日(火)・23日(水)・29日(火)、
11月5日(火)・12日(火)・19日(火)・26日(火)、12月10日(火)  12日間 48時間
時間 13:00~17:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、講師 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:2013
  • ・面読み上げソフト:PC-Talker
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定
  • ・画面調整
  • ・Windows10 スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、ショートカットキー
  • ・PC-Talker Word読み上げコマンド
  • ・Word2013 文書作成(音声での文字入力の基礎、再変換)、文字書式(色パレットを含む)、段落書式、ページレイアウト(ページ設定、段組み)、印刷、ファイル保存、表(基本操作)、画像・図形(属性、レイアウト、文字列との関係)
  • ・PC-Talker Excel読み上げコマンド
  • ・Excel2013 セルの書式設定(表示形式、配置、フォント、罫線、塗りつぶし)、行・列・シートの操作、入力規則、ページレイアウト(ページ設定、ヘッダー・フッター)、印刷、並べ替え、オートフィルター、フィルタオプション、条件付き書式、集計、アウトライン、グラフ(基本操作)、関数(COUNTIF、COUNTIFS、SUMIF、SUMIFS、RANK、VLOOKUP、DATEDIF、IF など)、画像(挿入、サイズ変更、移動)
  • ・PowerPoint2013 プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集
  • ・Outlook2013 添付ファイル、メール検索、フォルダー作成、メール振り分け
  • ・Internet Explorer Webページ閲覧、検索
  • ・GoogleChrome 基本操作
  • ・PDF 内容読み上げ
  • ・Teams 基本操作

遠隔講座「日本ライトハウス」(11月30日)

SPANと日本ライトハウス 情報文化センターとを通信アプリZoomで結んで遠隔講座を行いました。
これは、初めての試みで、SPANの講師の映像と音声、また講師のPCの画面を、通信アプリZoomミーティングで日本ライトハウス情報文化センターに送り、そこに集まった受講者に学んでいただくものです。もちろん、双方向通信なので、受講者とのやり取りも可能です。また、情報文化センターでは、日本ライトハウスなどのスタッフが受講者のサポートを行いました。
この方式が軌道に乗れば、全国どこでも学ぶことができます。

実施日 11月30日(土)
時間 14:00~17:00
場所 SPAN(講師)、
日本ライトハウス情報文化センター(受講者、サポート)
テーマ Excelの資料を美しく印刷するコツ
参加者 11名(受講者 5名、日本ライトハウススタッフ 3名、見学者 1名、SPANスタッフ 2名)
  • ■ 環境(日本ライトハウス)
  • ・OS:Windows 10
  • ・Excel: 2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10
  • ■ 内容
  • ・「シート情報」マクロブックの使い方
  • ・印刷プレビューの活用
  • ・拡大/縮小印刷利用の際の留意点
  • ・データをセル内に収めるコツ
  • ・列幅・行高設定のポイント
  • ・用紙の中央に印刷する
  • ・印刷タイトル
  • ・改ページ位置の調整
  • ・A4用紙で可能な印刷範囲を知る(2016とそれ以前のバージョンの違い)
  • ■ 受講のきっかけは、以下のような回答がありました。メールや紹介などが受講のきっかけとなっていました。
  • ・タートルのMLを見て。
  • ・地元団体のメールを見て。
  • ・所属している団体からの案内。
  • ■ 受講したみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・Excelの印刷について学べてよかった。再度の開催に期待したい。
  • ・こうした講座はなかなか受けられないので、今後も開催してほしい。
  • ・ついていくのがやっとだったが、復習して使えるようになりたい。
  • ・とても有益な講座だった。ぜひ使っていきたい。
  • ・ぜひ、また開催してほしい。
  • ■ 以下のような課題も見えてきました。
  • ・教室のマイクがPC内蔵だったので、受講者の声が聞き取りにくかった。やはり、外付けの単一指向性マイクが必要だと思った。また、事前のテストをしっかりすることが必要だとも感じた。
  • ・上記に関連して、受講者がPCの音声を聴き終わったタイミングが把握できず、PCの音声を聴いているのに講師が話をしてしまった。SPANの教室内ならば、全体の雰囲気で把握できている。今後は、1つ1つを確認しながら進めるようにすることが必要だと感じた。
  • ・プロジェクターを見ている受講生もいる可能性があることも考慮し、どう表示するかについて、開始前に受講生に確認する必要がありそう。受講者からは「白黒斑点で表示してほしい」との要望があった。
  • ・受講者の操作が終わったかどうかについては、その都度サポートから報告をもらうようにすることが必要だと感じた。昨日は、後半は報告されていたので、今後は最初から行ってもらうよう打合せをしておくようにしたい。

[追加開催2]ワンポイント講座「Excelの資料を美しく印刷するコツ」(11月9日)

今回のテーマ「Excelの資料を美しく印刷するコツ」は関心が高く、3回目の追加開催でした。

実施日 11月9日(土)
時間 13:00~17:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 6名(受講者 4名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Excel: 2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10、JAWS
  • ■ 内容
  • ・A4用紙で可能な印刷範囲を知る(2016とそれ以前のバージョンの違い)
  • ・「シート情報」マクロブックの使い方
  • ・印刷プレビューの活用
  • ・拡大/縮小印刷利用の際の留意点
  • ・セル内の配置を工夫する
  • ・データをセル内に収めるコツ
  • ・列幅・行高設定のポイント
  • ・水平ルーラーで全体のバランスをとる
  • ・印刷タイトルの活用
  • ・美しく、見栄えの良い資料作成のために
  • ■ 参加されたみなさんからは、以下のような感想が寄せられました。
  • ・Excelの印刷に関するさまざまなスキルのほか、ファイルの保護ビューの効率的な解除方法などを学べたことはよかった。
  • ・とても勉強になった。今回学んだことを日々の仕事に生かしていきたい。
  • ・印刷でこんなにいろんなことができることに驚いた。また、関連として、OFFICE365についての情報が得られたこともよかった。
  • ・大変勉強になった。ぜひ、いろんな場面で活かしていきたい。

在職者訓練(8月1日から10月31日の13日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」をご覧ください。

実施日 8月1日(木)・8日(木)・15日(木)・22日(木)・29日(木)、
9月5日(木)・12日(木)・19日(木)・26日(木)、
10月3日(木)・10日(木)・17日(木)・31日(木) 13日間 52時間
時間 13:45~17:45
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 3名(受講者 1名、講師 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:2016
  • ・面読み上げソフト:PC-Talker、JAWS、NVDA
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作、設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、デスクトップ、タスクバー、ショートカットキー
  • ・JAWS 基本操作、Word・Excel読み上げコマンド
  • ・NVDA 基本操作、Word・Excel読み上げコマンド
  • ・PC-Talker Excel読み上げコマンド
  • ・Excel2016 シートの操作、印刷、ファイル保存、並べ替え、オートフィルター、フィルタオプション、条件付き書式、入力規則、集計、アウトライン、統合、グラフの作成、加工、関数(IF、VLOOKUP、COUNTIF、COUNTIFS、データベース関数 など)、名前の定義
  • ・PC-Talker Word読み上げコマンド
  • ・Word2016 文書作成で使える便利な機能(再変換、単語登録 など)、ページ設定、ラベル印刷、差し込み印刷、はがき印刷、画像・図形の操作、ページ番号、スタイル、目次、索引、変更履歴、コメント
  • ・PowerPoint2016 プレゼンテーションファイルの読み方、画面構成、文字の入力と編集、画像の挿入・加工、スライドショー、配布資料
  • ・Outlook2016 添付ファイル、連絡先、メール検索、フォルダー作成、メール振り分け、予定表
  • ・Google Chrome Webページ閲覧、検索
  • ・PDF 内容読み上げ

視覚障がい者がiPhone・iPadを容易に活用するための体験会 In 新潟(10月26日と27日)

この体験会は、日本たばこ産業株式会社から助成金をいただき「2019年度 JT NPO助成事業」として、SPANが主催し、「NPO法人障害者自立支援センターオアシス」のご協力をいただいて実施しました。

実施日 10月26日(土)、10月27日(日)
時間 10/26 サポーター向け講習会 14:00~16:30
10/27 視覚障碍者向け体験会 10:00~15:30
場所 新潟市総合福祉会館1F 視聴覚室
参加者 37名 (視覚障害者 17名、サポーター 14名(新潟大学渡辺研究室学生3名含む)、SPANスタッフ 6名)
  • ■ 参加したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • 参加者
  • ・奥が深いなと思いました。早く使いこなせるようになりたいと思います。
  • ・思っていたよりも難しかった。色々な事を知ることが出来たけど逆に疑問も深まりました。
  • ・iPhoneの講習会も良かったが、講師の元気な声が聞けて良かった。
  • ・色々体験して知らない機能もたくさんあった。オアシスでも使い方教室を開催したほうが良いと思ったし、是非開催したいと思う。
  • ・体験してみて文字入力が課題だと思った。家で復習して1つ1つ身に付けられるように頑張りたい。
  • ・講師の説明が分かりやすかった。ローター操作のジェスチャー等自分の課題も明らかになった。月1回でもいいからオアシスでやりたい。
  • ・予定表の入力に苦戦していたが、今日習ったことでできるようになった。
  • ・周りの人に進められてiPhoneを購入し、ガラケーと2台持ちになったはいいが、使いこなせなくてほとんど使っていなかった。今日をきっかけとして使えるようにしていきたいと思う。
  • ・わかりやすく丁寧に教えていただけた。自分なりに使えていたつもりだったが知らない機能がたくさんあった。今回は拡大操作のグループだったが、今度はVoiceOverもやってみたい。
  • ・自分の生活の必需品になると思った。
  • 現地サポーター
  • ・なかなか思うようにサポートできなかった。再度同じような講習があれば是非参加したい。
  • ・操作する上での視覚障害者の方の苦労もよく分かったし、自分の指導の課題もみえた。
  • ・毎回どのように教えたらよいかわからなかった。自分於生徒に教えるときの参考になりました。
  • ・基本中の基本から丁寧に教えていただいて、今後の参考になった。
  • ・参加者の皆さんから良い感想・意見を聞くことが出来てよかった。今日をきっかけに多くの団体で講習会を開催していきたい。
  • ・Iさんの(VoiceOverで操作する際の)アプローチ、Aさんの(iPadを拡大鏡として使用する際の)アイディアなど感動した。参加者の皆さんからも良い意見をたくさんいただくことが出来たので開催して本当に良かったと思いました。是非継続していきましょう!
  • NPO法人障害者自立支援センターオアシスの方(抜粋)
  • 今回の「声は人なり」の体験会は、新潟にもまた来てほしい、でも全国に、世界にも広がると確信しました。障害があっても、大丈夫、「明るく大きく楽しく」生きられるをアプリの種を、蒔いてくれました。SPANのMさんはじめ、6人の皆様に感謝いたします。よい体験会を、有難うございました。オアシスでも、月1回でも「iPhone iPad 体験会・勉強会」を開催できる準備を今日から始めます。

[追加開催1]ワンポイント講座「Excelの資料を美しく印刷するコツ」(10月26日)

今回の講座では、11月30日に、SPANと日本ライトハウス情報文化センターとを結んで行われる遠隔講座の準備として、
通信アプリ「Zoomミーティング」のテストを、日本ライトハウスとの間で行いました。
音声・画像とも、通信状態は大変良好で、今後は、講座を含めて活用していきたいと思っています。

実施日 10月26日(土)
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 5名(受講者 2名、スタッフ 3名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Excel: 2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10
  • ■ 内容
  • ・A4用紙で可能な印刷範囲を知る(2016とそれ以前のバージョンの違い)
  • ・「シート情報」マクロブックの使い方
  • ・印刷プレビューの活用
  • ・拡大/縮小印刷利用の際の留意点
  • ・セル内の配置を工夫する
  • ・データをセル内に収めるコツ
  • ・列幅・行高設定のポイント
  • ・水平ルーラーで全体のバランスをとる
  • ・印刷タイトルの活用
  • ・美しく、見栄えの良い資料作成のために
  • ■ 受講したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・今まで知らなかったことがたくさんあり、参加してよかった。
  • ・初めてのことばかりで、ちょっと戸惑ったが、いろいろなことができることがわかったので、ぜひ使えるようになりたい。

企業研修(9月20日から10月18日の3日間)

★ 総合商社からの依頼で、勤務する視覚障害のある社員に対し、スキル向上のための研修を行いました。

実施日 9月20日(金)・26日(木)、10月18日(金)
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 2名(受講者:1名、スタッフ:1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:2016
  • ・ブラウザ:Internet Explorer、Google Chrome
  • ・スクリーンリーダー:JAWS17
  • ■ 内容
  • ※すでにPC-Talkerでは使用しているので、JAWSでの使用感について学んでいただきました。
  • ・JAWSの基本操作、設定
  • ・Windows10(スタートメニュー、エクスプローラ、設定)
  • ・Excel2016(並べ替え、オートフィルター、入力規則、条件付き書式、ピボットテーブル、印刷レイアウト)
  • ・Internet Explorer、Google Chrome

「ユニハート」寄付先交流イベント参加(10月17日)

★ SPANが長年にわたり支援を受けている日本ユニシスグループ 社会貢献クラブ「ユニハート」が主催する寄付先交流イベントへの参加報告です。

初めて手作り小物の販売を行いましたが、用意した主な品物はほとんど完売し、10,400円の売り上げがありました。
なお、この売り上げは、立体コピー機の購入で活用します。

実施日 10月17日(木)
時間 11:30~13:30
場所 日本ユニシス本社ビル
参加者 ブース来訪者:約30名、日本ユニシススタッフ:1名、SPANスタッフ:4名
  • ■ 参加内容
  • ・iPhoneによるデモと体験
  • ・手作り小物の販売(スマホカバー、コーヒースリーブ、メガネケース、財布、ストラップ など)
  • ・PCによるSPANの紹介(紹介文を音声で読み上げ)
  • ・広報紙などの配布

小物を購入したみなさん、iPhone体験に参加したみなさんには、ショートカットキーを印刷したSPANのオリジナルクリアファイルや、ディスプレイやメガネなどを拭く布をプレゼントしました。


タブレットサロン in 鹿児島(10月16日)

実施日 10月16日(水)
時間 13:00~15:00
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 6名(受講者:3名、付き添い:2名、ボランティア:1名)
  • ■ 内容
  • ・Siri(シリ)の便利な使い方。どんな聴き方すると 反応しないか。
  • ・電源のオン・オフの操作
  • ・自動更新オフの設定。IOS13へのバージョンアップをすると、若干操作音声の表現が変更される。バージョンアップは、まだおこなわないこととした。

在職者訓練(8月26日から10月15日の8日間)

★ この訓練は公益財団法人 東京しごと財団からの委託により実施しました。

在職者訓練は、公益財団法人 東京しごと財団が実施する公的な職業訓練で、
企業などに在職する障害者の職業スキルの向上、就労の継続を図ることが目的です。
受講後1年間を過ぎますと再受講可能です。
SPANは同財団からの委託により訓練を行っています。
在職者訓練については、「在職者訓練の受講をお考えの方」を参照してください。

実施日 8月26日(月)、9月2日(月)・9日(月)・17日(火)・24日(火)・30日(月)、
10月7日(月)・15日(火) 8日間 32時間
時間 14:00~18:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 4名(受講者:1名、講師:2名、事務スタッフ:1名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Office:2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker
  • ■ 内容
  • ・PC-Talker 基本操作・設定
  • ・Windows10 スタートメニュー、マイスタートメニュー、エクスプローラー(リボン操作)、タスクバー、ショートカットキー
  • ・PC-Talker Word読み上げコマンド
  • ・Word2016 画面構成、リボン、文字書式、段落書式、ページレイアウト(ページ設定、ヘッダー・フッター)、表の基本操作
  • ・PC-Talker Excel読み上げコマンド
  • ・Excel2016 セルの書式設定、行・列・シートの操作、並べ替え、オートフィルター、条件付き書式、入力規則、印刷、関数(数値計算とリスト管理関連)
  • ・PowerPoint 2016 スライドの読み方・構成
  • ・MMメール 
  • ・Internet Explorer ページ閲覧、検索、読み上げコマンド
  • ・Adobe Reader 読み上げ、ページナビゲーション
  • ・Googleカレンダー、Googleスプレッドシート

タブレットサロン in 鹿児島(10月9日)

実施日 10月9日(水)
時間 13:00~15:00
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 14名(受講者:7名、付き添い:6名、ボランティア:1名)
  • ■ 内容
  • ・iPhoneを触ったことがない方、購入検討中の方、アンドロイド使用中の方が3名いたため、ボイスオーバーのジェスチャーの操作練習、どんな時に何本指かを勉強しました
  • ・その他、情報交換など

ワンポイント講座「Wordの表が苦手な方のために」(9月28日)

実施日 9月28日(土)
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 7名(受講者 5名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Word:2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker10、JAWS17
  • ■ 内容
  • ・Wordの表の構造を知る
  • ・表内での移動
  • ・セル内での移動
  • ・複数の表の間の移動
  • ・表への入力のコツ
  • ・セル内にチェックマークを付ける
  • ・文字を「○」で囲む
  • ・文字列を表にする
  • ・列幅、行高を確認する
  • ・列幅の自動調整
  • ・手動での列幅の設定
  • ・手動での行高の設定
  • ・セル内での配置を整える
  • ■ 受講したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。
  • ・表内での動き方が分かってよかった。
  • ・仕事で複数の表を扱うことがあるので、複数の表を簡単に移動できる方法が分かってよかった。
  • ・本日の講習で、表への苦手感が少なくなった。
  • ・表への入力が難しく、表内で迷子になることがあったが、これからはうまくできそうな気がする。
  • ・いろいろと発見があってよかった。

タブレットサロン in 鹿児島(9月25日)

実施日 9月25日(水)
時間 13:00~15:00
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 13名(受講者:5名、付き添い:5名、ボランティア:1名、見学:2名)
  • ■ 内容
  • ・Siri(シリ)の便利な使い方をみんなで教えあう
  • ・GoogleアシスタントのオッケーGoogleとSiri(シリ)の違い
  • ・メールアプリの使い方

第124回インストラクター養成講座(9月15日)

日時 2019年9月15日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
参加者 7名(受講者 5名、スタッフ 2名)
  • ■ 受講者の感想
  • ・視覚障がい者に関わる支援についての講習を受けるのは今日が初めてだったので、知らなかったことをたくさん知ることができて、とても興味深い一日になりました。
  • ・voicepopperは使いやすくて欲しいと思いました。ストレスなく扱うことができるデザインのツールが作れるよう勉強しようと思います。また、ユーザーに無理をかけず採算がとれる仕組もあれば良いかなと思いました。
  • ・実際に職場でPC-Talkerを使用している方がいますが、サクサク操作していて、ショートカットキーを理解して、画面の状態をイメージして業務を遂行することはとても労力のいることだと実感しました。また相手がイメージしやすいようレクチャーすることも理解が混乱しないよう、ペースや伝え方に工夫が必要だと感じました。
  • ・50分で区切って休みのあることがとてもありがたいです。集中力が切れずできます。やっぱり体験できるとよいです。見えないと全然わからないということが身に染みてわかりますし、教えることの難しいポイントが見えてきて良かったです。
  • ・入力体験を言葉で教える15分ドキドキしました。普段(というほどの時間数ではありませんが)Excelなどを使いこなしていらっしゃる方ばかりと遊んでいる状態なので、1から、という以前に0からアプリの起動や入力や保存せずに終了まで初めての体験でした。今度機会があったら(なくても)「カリュキュラム」のようなものを考えてみたいと思います。

タブレットサロン in 鹿児島(9月10日)

実施日 9月10日(水)
時間 13:00~15:00
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 9名(受講者:4名、付き添い:4名、ボランティア:1名)
  • ■ 内容
  • ・メッセージについて
  • ・iPhone同志、違うキャリアの時、料金のことも含めて、入力のやりかたを含めて学習
  • ・電話番号 登録
  • ・電話番号履歴から登録を学習

視覚障がい者がiPhone・iPadを容易に活用するための体験会 In いわき(8月31日、9月1日))

★ この体験会は、日本たばこ産業株式会社から助成金をいただき「2019年度 JT NPO助成事業」として、SPANが主催し、「視覚障害者サポートグループゆかり(縁)」のご協力をいただいて実施しました。

実施日 8月31日(土)、9月1日(日)
時間 8/31 サポーター向け講習会 13:00~17:00
9/1視覚障碍者向け体験会 10:00~15:00
場所 いわき湯本温泉 元禄彩雅宿 古滝屋
参加者 25名(視覚障害者:9名、サポーター:8名、ゆかりスタッフ:2名、SPANスタッフ:6名)
  • ■ 視覚障害当事者の感想
  • ・ 新たな世界を見出すことが出来て楽しかった。
  • ・ iPadは持っていたが、ほとんど使っていなかった。便利なアプリや機能を知ることが出来た。
  • ・ 体験していろいろなことを知ることが出来た。特にSiriについては、天気やコンビニの場所を聞くくらいしか活用していなかったが、メールにも使えることが分かった。
  • ・ 便利なアプリをたくさん知ることが出来た。これから勉強していきたい。
  • ・ 今まで文字入力で戸惑っていた部分がありましたが、分かりやすい方法を教えていただき、すっきりしました。
  • ・ 色々覚えることはたくさんあるが、練習すればやれそうと感じた。
  • ・ 初めて触れてみて、一回では難しいと感じた。次回もこのような機会があれば参加したい。
  • ・ 初めて触れて自分のやりたいことが広がった。新しい扉が開いたような感じ。
  • ・ 初めての体験でわからなかった部分が多かったけれど、参加者・サポーターと交流できてよかった。
  • ■ サポーターの感想
  • ・ サポートして自分自身にも勉強になった。
  • ・ 音声の便利さを間近に感じた。自分も覚えたいと思う。
  • ・ 持っているがあまり使いこなせていなかった。これからは自分も使えるようになりたい。
  • ・ 知らないことばかりだった。特にSiriは勉強になった。
  • ・ 目の見えない状態で、画面の状態をどのように知るのか興味があった。発見も多く参加してよかった。
  • ・ 普段使っているiPhoneの新たな使い方を知りました。SNSなど、情報発信も音声で活用できればいいなと思った。
  • ・ サポーターの人もわからないことばかりだったが、一緒に学ぶ空間が良かった。自分も頑張っていきたいと思います。
  • ・ いわきで開催することが出来、有益な会になったと思う。
  • ・ とにかく楽しかった。そして、病院ではうつむきがちな皆さんが、笑顔で体験している姿を見られたことが何よりも良かった。また開催したいと思います。

タブレットサロン in 鹿児島(8月21日)

実施日 8月21日(水)
時間 13:00~15:00
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 9名(受講者:4名、付き添い:4名、ボランティア:1名)
  • ■ 内容
  • 「路線」検索をみんなで勉強

タブレットサロン「iPhone・iPad」(8月21日)

日時 8月21日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 13名(スタッフ:8名、受講者:5名)

ワンポイント講座「Wordの表が苦手な方のために」(8月17日)

日時 8月17日(土) 13:00~17:00
場所 SPAN三田スカイプラザ
参加者 9名(受講者 6名、家族 1名、スタッフ 2名)
  • ■ 環境
  • ・OS:Windows 10
  • ・Word:2016
  • ・スクリーンリーダー:PC-Talker、NVDA(受講者が選択)
  • ■ 内容
  • ・Wordの表の構造を知る
  • ・表内を移動する
  • ・表への入力のコツ
  • ・セル内にチェックマークを付けたり文字を○で囲む
  • ・文字列を表にする
  • ・列幅、行高の把握方法
  • ・列幅の自動調整と手動での変更
  • ・セル内での配置
  • ・セル内での均等割り付け
  • ・罫線の変更

タブレットサロン in 鹿児島(8月14日)

実施日 8月14日(水)
時間 13:00~15:00
場所 ハートピアかごしま セミナールーム
参加者 9名(受講者:4名、付き添い:4名、ボランティア:1名)
  • ■ 内容
  • 音声を使用しての入力、これから購入予定の人への利用体験など

視覚障害者就労支援機関の情報交換会参加(8月3日)

日時 2019年8月3日(土) 13:00~16:30
場所 日本盲人職能開発センター
参加者 23機関 45名(北海道から四国まで)、SPANから1名
  • ■ 内容
  • ・発題(SPANを含む11機関)
  • ・討論
  • ・まとめ
  • ■ コメント
  • ・発題では、視覚障害者の就労に関するさまざまな取り組みや問題提起がなされました。
  • ・討論では、障害者の就労に関わる諸制度や職業訓練、また地域格差などについて活発な議論がなされました。
  • ・当日は、国内の主要な視覚障害者就労支援機関、そして中心となって支援をしている方々が参加しましたが、恐らく、これだけ多くの就労支援関係者が一同に会したのは初めてだと思います。
  • ・今後、参加した支援機関が連携していくこと、来年は名古屋でこの交換会を開催することが決まりました。
  • ・SPANがずっと願ってきた支援機関の連携が、ようやくスタートしたといえます。
  • ・また、全国の就労支援機関の中で、SPANがいかに評価されているか、そして、期待されているかを当日の議論の中で実感しました。と同時に、SPANに与えられた責任の重さも感じています。
    これからも、会員のみなさんと一緒に目標に向かって進んでいきたいと思います。

川畠成道チャリティーコンサート参加(8月1日)

実施日 8月1日(木)
時間 昼の部 15:00(体験コーナーは14:00)
夜の部 19:00(デモは18:30)
会場 豊洲シビックセンターホール
演奏 ヴァイオリン 川畠成道(かわばた なりみち)
ピアノ 寺嶋陸也(てらしま りくや)
聴衆 昼の部 約130名
夜の部 約230名
SPANブース来訪者 昼の部 約10名
夜の部 約10名
SPANスタッフ 5名
  • ■ 参加内容
  • ・昼の部 PCによる音声ゲーム体験、iPhoneによるマネーリーダーのデモ
  • ・夜の部 iPhoneによるプログラム読み上げデモ、iPhoneによるマネーリーダーのデモ

ページの一番上へ戻る

過去の活動記録

ページの一番上へ戻る