スパンのロゴマーク。トップページへ移動

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク SPAN

ここから本文

活動予定

土曜講座「NVDAでAccess 2013を使う」(6月23日から4日間コース)のご案内

6月23日(土)、7月7日(土)・15日(日)・21日(土)の4日間にわたり、土曜講座を開催します。
ただ、都合により7月15日(日)だけが土曜日ではありません。
 テーマは「NVDAでAccess 2013を使う」です。

Accessは多くの職場で採用されているリレーショナルデータベースですが、これまでJAWSでしか設計ができませんでした。 しかし、今はNVDAでも設計ができるようになりました。
JAWSは価格が高いため、なかなかACCESSにチャレンジするチャンスがなかったという方もいるのではないでしょうか。
また、JAWSでAccessを使っている方の中にも、NVDAがどんな使い心地か知りたいという方もいるかもしれません。
さらに、視覚障害者にPCの指導をされている方にとっては、ハードルが下がったAccessの利用方法を視覚障害者の方に伝えたいという希望をお持ちの方もいると思います。
そんな方々にお勧めなのが今回の講座です。

今回の講座では、Access 2013の基本操作を学びながら、NVDAでの使い心地を体験していただきます。
ですから「Accessは初めて」という方も、基本から丁寧に学んでいきますので安心してご参加ください。

もちろん、今回の講座の内容だけで、本格的なデータベースシステムが構築できるようになるわけではありません。
しかし、Accessのデータベースがどんな仕組みで作られているかや、その構造は十分にお伝えできると思います。
そして、そうしたことを知ることで、Accessのファイルを受取っても戸惑わなくなると思いますし、就労している方にとっては、新たな業務の開拓や、職場での表かアップにつながることもあると思います。
また、視覚障害者にPCを指導している方には、日々の活動の参考にしていただければと思います。
どうぞ多くの方の参加をお待ちしています。

ただ、講座の成果を挙げるため、タイピングの基本ができること、Excelの使用経験があること(バージョンは問いません)を条件とさせていただきます。

* 尚、この講座のPC環境は以下の通りです。

  • OS : Windows 8.1
  • Access : 2013
  • スクリーンリーダー : NVDA(最新バージョン)

★この講座はお申込みが2名以上の場合に開催します。

開催日 6月23日(土)、7月7日(土)・15日(日)・21日(土) 4日間コース
時間 13:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 4名 ★ お申込みが2名以上の場合に開催します。
講師 北神 あきら(SPAN)
受講料 32,000円(4日間 16時間)
できれば、講座の3日前までにお振込いただけると助かります。
もし、講座初日に現金でのお支払いを希望される方はご相談ください。
お申込先 office@span.jp
お名前、電話番号をお知らせください。
折り返し、受講料の振込先をお知らせします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

★講座カリキュラム
* 基本的な流れは変わりませんが、細かい内容は変更になることがあります。

  • * 6月23日(土) 第1日目
  • リレーショナルデータベースとAccessについて
  • データベースを作成する前に
  • Access 2013の画面構成
  • データベースファイルの作成
  • テーブルの設計
  • テーブルプロパティの設定
  • リレーションシップ
  • * 7月7日(土) 第2日目
  • 選択クエリの設計
  • パラメータクエリの設計
  • 集計クエリの設計
  • * 7月15日(日) 第3日目
  • フォームの設計
  • フォームの加工
  • * 7月21日(土) 第4日目
  • レポートの設計
  • Excelとのデータ交換

タブレットサロン「iPhone・iPad」(6月20日)のご案内

6月20日(水)にタブレットサロンを開催します。
タブレットサロンは、定期的にタブレットを実際に体験できる場です。

これは、初めて触れる方や、持っていても自由に操作できない方のため、うまく活用している人との交流により、マスターしてもらうサロンです。

どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。

★ 2018年度開催日
6月20日(水)、7月18日(水)、8月15日(水)、9月19日(水)、10月17日(水)、11月21日(水)、12月19日(水)

開催日時 6月20日(水) 14:00~16:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 8名
参加費 無料
お申込先 office@span.jp
お名前、電話番号をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

上記のほか、個人対象講座を実施しています。
これは、特定のアプリをマスターしたい方のための、有料で予約制の個人レッスンです。

  • 1. 開催日: 随時受付(予約制)
  • 2. 場所: SPAN☆三田スカイプラザ
  • 3. 講習方式: マンツウマン
  • 4. 受講料(9時~18時): 1時間2,300円
    18時~21時): 1時間3,000円 いずれも2時間以上でお受けします。
  • お問合せ・お申し込み先: office@span.jp
    ★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

第118回インストラクター養成講座(5月20日)のご案内

5月20日(日)にインストラクター養成講座を開催します。
この講座は、SPANなどの団体で、あるいは個人として視覚障害者のパソコンサポートをしたいと考えている方、また視覚障害者のパソコンサポートに関心のある方を対象にしています。
特別なスキルは必要ありません。Windowsパソコンでメールの送受信やWebの閲覧などができる方ならばどなたでも受講できます。
どうぞたくさんの方のご参加をお待ちしています。
尚、この講座はお申込みが3名以上の場合に開催いたします。

日時 5月20日(日) 10:00~17:00
場所 SPAN☆三田スカイプラザ
募集定員 6名
お申込み期限 5月16日(水)
講師 上田 喬子(SPAN)
受講料 4,000円(テキスト代を含む)当日会場でお支払いください。
お申込先 office@span.jp

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこの講座の運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。

  • ★講座カリキュラム
  •  実習用PCのOSは、Windows10です。
  •  使用するスクリーンリーダは原則としてPC-Talkerです。
  • 視覚障害者の基礎知識
     基本データ、接し方、誘導法、ICT環境 等
  • ・視覚障害者向けソフトウエアについて
     スクリーンリーダー(画面読み上げソフト)、視覚障害者用ソフトウェア、一般ソフトウェアへの対応 等
  • ・講座を始める前に
     インストラクターとしての留意点、あくせしびりてぃ設定、スクリーンリーダーの設定 等
  • ・キーボードと音声によるWindows操作と文字入力
     Windows 10の操作、タッチタイピング、文字入力 等
  • ・キーボードと音声によるメールの送受信
    MMメール2を使用
  • ・キーボードと音声によるWebの閲覧
     IEのほか、サーチエイド、VoicePopperなどの音声対応ブラウザを使用
  • ・アイマスクをつけての操作と指導体験

インストラクター養成講座についての詳細は、インストラクター養成講座についてをご覧ください。


視覚障害者就労促進事業(札幌)のご案内

2017年9月から2018年3月にかけて、札幌市において視覚障害者就労促進事業を実施します。

■ 事業の趣旨

近年、さまざまな法律の施行や社会全体の意識の変化、また技術の進歩などにより視覚障害者の就労環境は少しずつ改善されてきているようですが、現実にはまだまだ厳しい状況だと思います。
新規の就労は以前に比べて進んできたとはいえ、東京など一部の地域を除いて依然として困難ですし、就労中に視覚障害者となった人の継続就労も難しく、やむを得ず退職するケースも後を絶ちません。
また、就労に不可欠な職業訓練実施の体制は不十分ですし、とりわけ在職中の視覚障害者が受けられる訓練は、東京を除いてほとんど行われていないのが実情だと思います。
この状況を改善するためには、視覚障害当事者や雇用する企業、そして、そうした方を支援するさまざまな分野の専門家や関係機関の連携が重要ですが、これまでこうした関係者が一堂に会して意見交換や情報共有を行う場はあまりなかったように思われます。


本事業では、北海道地域の関係者(視覚障害当事者、企業関係者、就労支援者、医療関係者など)への啓蒙のためのフォーラムのほか、就労支援を行う方を対象としたセミナーや、職業講習実施に向けての指導者勉強会を開催します。
そして、視覚障害者に対するパソコンの職業講習を実施してスキルの向上を図るとともに、公的な職業訓練実施への道筋がつけられればと考えています。


少子化、高齢化が進む現代、視覚障害者も職業人として、また納税者として社会に貢献することが求められていると思います。そのためには、社会や雇用者が視覚障害者について正しく理解することはもちろん、視覚障害者も、雇用する側が抱く懸念や求めるニーズをきちんと理解することも大切だと考えます。
このように、関係者が正しい理解を持ち、適切な職業訓練を行うことが、視覚障害者の就労を促進させるためのキーポイントになるのではないでしょうか。


■ 実施事業

  1. 視覚障害者就労促進フォーラム
      * メインタイトル : 社会は視覚障害者を必要としている!
      * サブタイトル : 正しい理解と適切な職業訓練が企業に貢献する人材を育てる
      * 開催日時 : 9月30日(土) 10:00~17:00
      * 会場 : かでる2・7 710会議室
  2. 視覚障害者就労支援セミナー
      * メインタイトル : 視覚障害者の就労支援を考える   * サブタイトル : いつ、だれが、どのように支援するのか?
      * 開催日時 : 10月1日(日) 10:00~15:00
      * 会場 :かでる2・7 1010会議室
  3. 指導者勉強会
      * 開催日時 : 10月2日(月) 10:00~12:00
      * 会場 : 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
  4. 職業講習
      * 実施時期 : 2017年11月~2018年2月
      * 会場 : 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
      * 実施回数 : 2日間×3回 1回約10時間

■ 参加費

実施する全ての事業について、参加費は無料です。


■ 主催

特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)


■ 共催

特定非営利活動法人 札幌チャレンジド


■ ご支援

  • 視覚障害者就労促進フォーラム、支援者セミナー、指導者勉強会 : 日本ユニシスグループ 社会貢献クラブ「ユニハート」ならびに日本ユニシス株式会社
  • 職業講習 : この事業に共感していただける多くの方々からのご寄付
    詳しくは、札幌での職業講習実施のためのご寄付のお願いをご覧ください。

■ 後援

北海道、札幌市、北海道障害者職業センター、北海道眼科医会、公益財団法人北海道盲導犬協会、一般社団法人北海道視覚障害者福祉連合会、公益社団法人札幌市視覚障害者福祉協会、日本ロービジョン学会、視覚障害リハビリテーション協会、社会福祉法人 日本盲人職能開発センター


■ 実施事業

1. 視覚障害者就労促進フォーラム

  社会は視覚障害者を必要としている!
    ~ 正しい理解と適切な職業訓練が企業に貢献する人材を育てる ~


■ 開催の趣旨


本人や家族の方にとっては「目が見えなくなったら仕事はできるんだろうか?」という不安、「働き続けるためには何をすればいいんだろうか?」「職業訓練やリハビリテーションはどこで受けられるんだろうか?」という疑問など、さまざまな悩みがあると思います。
一方で、雇用者の方にとっては「視覚障害者が安全に通勤できるんだろうか」という懸念、「職場ではどんな配慮をすればいいのか?」「どんな仕事をさせればいいか?」など、さまざまな疑問や不安があると思います。


今回のフォーラムでは、視覚障害者の就労を促進させるためには何が必要かを、医療、視覚障害当事者、雇用者、そして支援者の立場から情報提供をしていただいた上で、参加したみなさんと一緒に考えていければと思います。
行政・企業・支援機関・医療関係者の方、視覚障害当事者や家族の方、また、視覚障害者の就労に関心を持つ方のご参加をお待ちしています。

また、会場内では、視覚障害者がスクリーンリーダーの音声を聴きながらパソコンのキーボードを操作して作成したデータをパソコンの画面上で展示します。そこには、色を使い分け、画像を操作し、グラフを作成したデータも含まれています。
画面を見なくてもこうしたデータが作成できることをぜひ知っていただければ幸いです。

視覚障害者就労促進フォーラムは終了しました。

日時 9月30日(土) 10:00~17:00
会場 かでる2・7 710会議室
★ 環境への配慮の観点から、おいでの際は、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。
対象 行政・企業・支援機関・医療関係者、視覚障害当事者、家族、視覚障害者の就労に関心を持つ方
定員 80名(事前申込み不要)
参加費 無料
プログラム 9:30 受付開始
10:00~10:10 開会式
10:10~11:10 [講演] 北海道におけるロービジョンケアと就労支援
  永井 春彦 氏  勤医協札幌病院眼科 副科長
11:10~11:30 ビデオ上映「ある日、職場の同僚が視覚障害になったら」
11:30~12:00 [情報提供] 視覚障害者のリハビリテーションについて
  北神 あきら  特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~13:50 [発表1] 視覚障害者として働く
  熊谷 弘美(くまがい ひろみ) 氏  株式会社インターネットイニシアティブ
13:50~14:40 [発表2] 視覚障害者とともに働く、視覚障害者として働く
  郡 悟(こおり さとる) 氏  日本ユニシス株式会社
  荒木 伸介 氏  日本ユニシス株式会社 室長
14:40~14:50 休憩
14:50~15:30 [就労支援の取組1] 日本盲人職能開発センター
  坂田 光子 氏  社会福祉法人 日本盲人職能開発センター 就労支援課長
15:30~16:10 [就労支援の取組2] 札幌チャレンジド
  大山 珠美  特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
16:10~16:50 [就労支援の取組3] SPAN
  北神 あきら  特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)
16:50~17:00 閉会式

★ このフォーラムでは環境への配慮から、資料はWebサイト上に掲載し、プログラムに印刷したQRコードによりアクセスしてタブレットPCやスマートフォンなどでご覧いただく形を取らせていただきます。
紙ベースやデータをCDに収録した資料も多少はご用意しますが、上記の趣旨をご理解いただき、アクセスが可能な方は極力ご協力くださいますようお願い致します。


2. 視覚障害者就労支援セミナー

  視覚障害者の就労支援を考える
    ~ いつ、だれが、どのように支援するのか? ~


■ 開催の趣旨

視覚障害者の就労を促進させるためには、行政などの公的機関や医療機関、また職業訓練を含むリハビリテーション施設など、関係者の連携が不可欠ですが、その体制は必ずしも十分ではないと思います。
また、視覚障害者が就労の現場で求められているパソコンスキルも多様化、高度化している中、それに応えられる職業訓練の体制整備も課題だと言えるでしょう。


今回のセミナーでは、立場の違いを超えた関係者の連携をいかに作っていくか、そして、職業スキルを支える職業訓練について、参加したみなさんと考えていければと思います。
行政・企業・支援機関・医療関係者の方、また、視覚障害者の就労支援に関心を持つ方のご参加をお待ちしています。

視覚障害者就労支援セミナーは終了しました。

日時 10月1日(日) 10:00~15:00
会場 かでる2・7 1010会議室
★ 環境への配慮の観点から、おいでの際は、できるだけ公共の交通機関をご利用ください。
対象 行政・企業・支援機関・医療関係者、視覚障害者の就労支援に関心を持つ方
定員 30名(事前申込み制)
申込締切 9月24日(日)  ※お申込み・お問合せは、下記のメールアドレスまでお願いいたします。
プログラム 9:30 受付開始
10:00~10:10 開会式
10:10~12:00 [演習] 視覚障害者の職業訓練で必要なパソコン関連知識
  北神 あきら  特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~13:30 [情報提供] 職場で求められるPCスキルについてのアンケート結果
  北神 あきら  特定非営利活動法人 視覚障害者パソコンアシストネットワーク(SPAN)
13:30~15:00 [ディスカッション] いつ、誰が、どう支援するのか?
  ~ 立場の違いを超えて ~
セミナー参加申込み・お問合せ先 札幌チャレンジドchallenged@s-challenged.jp
件名に「セミナー申込」とご記入の上、お名前、所属、連絡用電話番号をお知らせください。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。

また、いただいた個人情報はこのセミナーの運営や連絡で使用させていただくほか、SPANが開催する講座やイベント等のご案内、SPANの活動紹介などで使用させていただく場合があります。
もし、こうしたご案内が不要な方は上記お申し込み先までご連絡ください。
詳しくは個人情報保護方針をご覧ください。


3. 指導者勉強会

視覚障害者に対する職業講習実施に向けて、関係者の間で内容や進め方について検討を行います。

指導者勉強会は終了しました。

日時 10月2日(月) 10:00~12:00
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
対象 職業講習実施スタッフ(参加者の募集は行いません)
内容 10:00~12:00 職業講習実施に向けての意見交換と勉強会

4. 視覚障害者を対象とした職業講習

視覚障害者の方を対象とした職業講習を実施します。
求職者の方だけでなく、就労中の方も参加しやすいよう、週末に実施します。

内容は、Word、Excel、Outlook、PowerPointを取り上げます。

また、この職業講習は、皆様からのご寄付により開催します。おかげさまで目標額を達成することができ、3回の職業講習が全て開催できることになりました。

ご寄付についての詳細は札幌での職業講習実施のためのご寄付のお願いをご覧ください。

第1回

第1回講習は終了しました。

実施日 11月11日(土・12日(日)
講習時間 11日=9:30~16:00 12日=9:30~15:30
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
受講料 無料

第2回

第2回講習は終了しました。

実施日 1月27日(土・28日(日)
講習時間 27日=9:30~16:00 28日=9:30~15:30
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
受講料 無料

第3回

第3回講習は終了しました。

実施日 3月10日(土・11日(日)
講習時間 10日=9:30~16:00 11日=9:30~15:30
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
受講料 無料

■ 本事業に関するお問合せ先

本事業全体に関するお問い合わせは、office@span.jpまでお願いします。

★尚、迷惑メール対策の一環として、上記アドレスの「@」を全角で表示しています。メールアドレスとしてお使いになるときは、半角に訂正していただきますようお願いします。


ページの一番上へ戻る

最近の活動記録

職業講習(札幌・第3回)(3月10日・11日)

3月10日(土)・11日(日)の2日間にわたり、札幌市で職業講習を実施しました。
この職業講習は、視覚障害者就労促進事業の一環として実施され、今回が第3回目となり、今回で終了となりました。
この講習を実施するために多くの方からのご寄付をいただきました。みなさん、本当にありがとうございました。

今回はPowerPoint 2013を取り上げました。
ファイルを読む方法からプレゼンテーションファイルの作成方法、そしてスライドショーまでを取り上げましたが、受講したみなさんからは「PowerPointは初めてだったが、できそうな気がしてきた」「実務に生かしたい」「スライドのイメージを頭に描くのは大変だが、使えるようになりたい」といった感想が寄せられました。

そして、2017年9月から始まった札幌での視覚障害者就労促進事業も完了となりました。
この事業を一つのきっかけとして、北海道地域での視覚障害者の就労が少しでも進めばと願っています。

実施日 3月10日(土)・11日(日) (2日間コース)
時間 10日=9:30~16:00、11日=9:30~15:30
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
受講者 6名
スタッフ/th> 札幌チャレンジド 4名、SPAN 2名
  • 内容
  • ファイルの内容を把握する
  • スライドを作成する前に
  • PowerPoint 2013の画面構成
  • 「スライド」と「プレースホルダー」
  • スライドの基本操作
  • 文字の入力と編集
  • Excelデータの挿入と加工
  • グラフの挿入と加工
  • 図形の挿入と加工
  • 画像の挿入とプレース ホルダーのサイズ変更
  • スライド番号と代替テキスト
  • 画面切り替え効果とアニメーション
  • リハーサルとスライドショー

受講したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。

  • PowerPointは初めてだったが、どのようなものかわかってよかった。
  • 図を入れた資料を作成するのは大変だと思っていたが、PowerPointなら作成できると思った。
  • 図を入れた資料作成なら、WordよりPowerPointの方がよいと思った。
  • 立体コピーを触ったことで理解が深まった。わかりやすくなった。
  • WordやExcelと比べてわからないことばかりで、大変疲れたが、大変勉強になった。
  • もっと勉強したい。チャレンジしたい。
  • さっそく友達に教えたい。

職業講習(札幌・第2回)(1月27日・28日)

1月27日(土)・28日(日)の2日間にわたり、札幌市で職業講習を実施しました。
この職業講習は、視覚障害者就労促進事業の一環として実施され、今回が第2回目となります。
この講習を実施するために多くの方からのご寄付をいただきました。みなさん、本当にありがとうございました。
引き続き、3月に第3回を実施します。

今回はExcel 2013を取り上げました。
基本的な操作から実務で活用できる使い方までを学んでいただきましたが、受講したみなさんからは「基本から学べてよかった」「知らなかったことが多かったが、仕事で活用したい」「また3回目もぜひ受講したい」などの感想をいただきました。

実施日 1月27日(土)・28日(日) (2日間コース)
時間 27日=9:30~16:00、28日=9:30~15:30
会場 特定非営利活動法人 札幌チャレンジド
受講者 9名
スタッフ/th> 札幌チャレンジド 4名、SPAN 2名
  • 内容
  • Excel 2013の画面構成を知ろう!
  • 知っておくと便利な設定変更
  • 効率的なリボンの操作
  • さまざまなコマンドの選択方法
  • セルの移動・選択をスムーズに
  • データの入力をもっと効率的に
  • 資料の見栄えを左右する「セルの書式設定」
  • A4用紙1枚に印刷するコツ
  • 実務で活かせる「条件付き書式」
  • データの分析ができる「ピボットテーブル」
  • 音声とキーボード操作でできるグラフの作成・加工

受講したみなさんからは以下のような感想が寄せられました。

  • オートフィルが楽しかったです。とても便利に思いました。印刷のときのマクロからの読み上げを聞いて理解するのが難しかったです。印刷時は、ページに収まっているかの確認がまず大切だということを知りました。日付を自動入力する機能が便利だと思いました。
  • PC検定でグラフは行なっていましたが復習になりました。軸ラベルの設定とか勉強になりました。わが身を信じて入力してよいのだと思いました。
  • 大変ためになりました。シート名、行の高さなど読みで確認できることがわかってよかったです。すぐに仕事に使えます。
  • Excelは初歩の初歩を少しだけしかやっていないので、初めて聞く用語も出てきて、まだまだ理解できていません。けれど、こんなことができるんだというのを知りました。結果が出るのでおもしろいです。Officeをいろいろ勉強したいと思いました。3回目の講習のパワポも楽しみにしています。
  • 今までやっていた操作より効率的でした。楽な方法を知りました。
  • 初歩の初歩からわかっていない状態で受講しました。リボンがキーで操作できることがわかり勉強になりました。フィルター、ピボットテーブルがわかってよかったです。
  • ピボットテーブルからグラフまでと内容が濃くて驚きました。普段は使いませんが知っているにこしたことはないと思いました。

ページの一番上へ戻る

過去の活動記録

ページの一番上へ戻る